インテリア雑記

ココロとカラダをインテリアする

夏だ、日焼けだ、紫外線だ!紫外線のデメリットを押さえておこう

beach

これからの季節、外で活動するチャンスが増えてきますね。

肌の露出も増える時期です。

外の強い日差しを浴びていると、半日もしないうちに肌が真っ赤になります。

この日焼けあとは見た目には健康的に映ります。友人にも「どっかいったの?」と声をかけられたりして楽しいですよね。

ただ、将来的なことを考えると日焼けはあまり良いものではありません。

歳を取るほど、肌へのダメージが蓄積してしまうからですね。

いったいどんなデメリットがあるのか、押さえておきましょう。

光老化

シミやシワ、たるみなどの肌の老化は、単に歳を取ると増えるというものではなく、主に紫外線が原因で起こっています。

そのため、これは『光老化』と呼ばれています。

いつまでも若く見える方がいますが、それはたまたまとか遺伝という要素ではなく、今までに浴びた紫外線の量が少ないという理由もあります。

皮膚がん

だんだんと寿命が延びている今の社会では、それに伴った病気になる可能性も増えてきました。

その1つがガンです。

紫外線を受けることで肌はダメージを受け、皮膚ガンが起こる可能性が高くなります。

今までに浴びた紫外線量と皮膚ガンの起こりやすさは比例すると言われているため、年齢を重ねるごとに発症リスクも高まります。

ですから、紫外線は美容だけでなく健康にも影響を与えるんですね。

赤外線とのダブルパンチ

太陽の光には様々な波長の光が含まれています。

これまでは主に紫外線の影響について取り上げられることが多くありましたが、実は太陽光に含まれる近赤外線による影響についても研究が進んでいます。

紫外線は肌の表皮、また真皮までしか届きませんが、近赤外線はさらに奥深く、筋肉にまで届いて影響を及ぼすことが明らかになっています。

また、大気中のPM2.5などの汚染物質も肌にダメージを与えます。

近赤外線や汚染物質などで弱った肌に紫外線を受けることで、さらに大きな悪影響が起こることが懸念されています。

肌を大切にしたいですね。