インテリア雑記

ココロとカラダをインテリアする

スマホ使いすぎは健康に悪い。スマホは大事だけどもっと大事なのはあなたの体

Iphone

スマホは便利ですねえ。

なんでもできます。このブログもスマホで書いています。

何をするにも手放せないスマートフォンですが、健康に悪いという話は以前からちょくちょく出ていますね。

どういったことがよくないのか、まとめてみました。

眼精疲労

歳を取るほど目が悪くなるのは仕方ないことです。

パソコンやスマートフォンが日常にある生活に慣れてしまうと、いざ歳をとった時にうまく対応できない可能性もあります。

眼精疲労は体全体の不調も招きますし、特効薬がないのも事実です。

首や肩のコリ

スマホにのめり込んで前かがみになると、頭の重さが一気に首にかかります。

頭全体の重さはなんと5kg。米袋ひとつぶんの重さです。

集中していると自分でもコリに気づかないことがありますが、スマホより自分の体が大事なので注意しましょう。

睡眠障害

スマホの明るい画面は睡眠を妨げます。

人間の脳は明かりを感知すると「朝だ」と思うようにプログラムされているからです。

ですから寝る前にベッドでスマホをいじるのは、健康によくありません。

時間の浪費

ちょっとニュースを見るだけのつもりが、いつのまにかいろんなサイトを回ってしまって時間を浪費してしまっているということもあります。

その情報は本当に自分に必要なのか、嬢方が溢れている現代だからこそ、いつもそう自分に問いかけて生活したいですね。

他人の投稿がストレスに

SNSではみんな素敵な写真を投稿しています。

それをみていると楽しい反面、少し自分に自信をなくしてしまう面も。

自信をなくすことに時間を使っているとしたらもったいないですよね。

ここでも「1番大事なのは人がどうしているかより自分がどうするか」ということを忘れないようにしたいですね。

付き合いがストレスに

これもSNSの発展による影の部分ですね。

「いいねしなきゃ」とか「返事書かなきゃ」といったことに忙殺されると自分のすべきことができません。

本来は、そういう細かいところで知人と付き合うよりも、もっと自分のスキルになることに時間を使って、そのスキルをもって知人と付き合った方が、相手も喜ばれるんですよね。

バランスが大事です。

個人情報の漏洩

個人情報が盗まれたというニュースが後を絶ちません。

ネットに関わるほどそのリスクも大きくなりますので注意が必要です。

おわりに

これからもデジタルな世界がどんどん私たちの身の回りに増えてきます。それと同時に、それらをうまく使いこなす技量も求められます。

スマホも人生を豊かにするツールの1つなのだということをわかって、そのデメリットも知った上でうまく使いこなしたいですね。

片付かない理由は口癖にあり。悪い癖を直して気持ちも部屋もスッキリしよう

saul_kids_room_e1

部屋をスッキリさせたいけど、なかなかできないんですよね。

どうしたらいつでもキレイな部屋が実現できるんだろう。

ま、いっか。

おっと、つい口に出てしまったこの言葉。

片付かない理由は、もしかすると口癖にあるかもしれません。

言い訳することが当たり前になると、行動しなくなってしまいますね。

部屋の整理をする前に、まずは自分の悪い癖を整理してみてはいかがでしょうか。

とりあえず

片付かない言い訳ナンバーワン「とりあえず」

とりあえずここに置いておこう。

とりあえず片付けはあとで。

とりあえずテレビ見よ。

こんな風に「とりあえず」はとても便利な言葉なので使ってしまいがちですが、これのせいで問題の解決が後回しになっているかもしれません。

急いでいる時に「とりあえず」が生じるのは仕方ないことですが、そのあと「いつまでにやる」という期限を決めると、いつまでたっても放置ということがなくなります。

もったいない

これは大切な言葉でもありますね。物を大切にする言葉です。

ですが、それが罠になってい場合もありますよ。

本当は片付けなければいけないものなのに、「もったいないから」といえばあら不思議!とても貴重なもののように見えてきてしまいます。

そのようにして部屋が汚くなってしまっていては本末転倒です。

モノは基本的に使わなければどんどん劣化していきます。

使わないものをただ置いておくのも「もったいない」ことですね。

どうせ

のび太が使ったことで名言になってしまいました。

「どうせまた汚くなるんだから。」

この際、部屋をキレイにしたいのかのび太になりたいのかはっきりさせましょう。

どうせ汚くなることは確かですが、だから掃除をしないのは正しくありませんね。

たとえば、頭を「また汚くなるから」といって1ヶ月も洗わなければ…想像するとちょっと怖いです。

汚いのもそうですが、外を歩けない、人と会えない、色々なチャンスが逃げていきそう。

このように、「どうせ」を言い訳にすると損することがたくさんあります。

言い訳をなくして心も部屋もキレイにしたいですね。

格安SIM購入を検討するときに知っておくべき基本のキ

cafnr app_0031

最近よく聞く「格安SIM」。安くて良さそうだけど、安いだけに心配になってしまうことも確かです。

購入を検討する際に知っておきたい格安SIMのあれこれをご紹介します。

電話番号やメールアドレスは引き継げるの?

電話番号は引き継げますが、キャリアメール(audocomosoftbank)は引き継げません。

連絡先にキャリアメールを登録しているサービスがある時は、gmailなどのフリーメールに事前に変更しておく必要があります。

なぜ格安SIMは安いの?

まず人件費です。実店舗をもつ大手キャリアはたくさんの従業員を抱えているため、料金が高めに設定されています。多くの格安SIM業者は店舗を持たずネット販売だけなのでそれだけコストが抑えられています。

また、格安SIM業者は通信回線を大手キャリアから借りているので、設備投資にお金がかかりません。これも安い理由になっています。

ネットだと申し込みが複雑では?

実店舗を持っている格安SIM業者もあります。 たとえばイオンモバイルやワイモバイルなら全国に店舗があるので、説明を受けながら申し込みをすることができます。

また、ヨドバシカメラには格安SIMの受付や相談窓口があります。

他にデメリットはないの?

LINE IDを検索できない格安SIMが多いといいます。

友達登録したくてIDをもらっても、検索ができないので登録に苦労してしまいます。QRコードは使えるのでその場で交換するのが良いですね。

また、故障した時の代替え機がない業者も多いです。故障した時のサポート体制を事前にチェックしておくと安心ですね。

梅雨がだいすきな雑菌、カビ、ダニの防ぎ方

夏が待ち遠しい今日このごろ、夏に向けて乗り越えなければならない壁があります。

それは梅雨です。

梅雨の湿気にここぞとばかりに増えだすのが雑菌、カビ、ダニ類。

やつらは湿気がだいすきです。湿気さえなければやつらは繁殖しませんが、梅雨時だとどうしても部屋がジメッとするし、洗濯物もなかなか干せなくて生乾きになってしいがちです。

そんな季節の対策についてまとめました。

予防の原則

まずは雑菌、カビ、ダニを防ぐための大原則をおさえましょう。

1.風を当てる

やつらはよどんだ空気が大好きです。静かな環境でこそ、ぬくぬくとバカンスを楽しむことができるからです。

2.乾燥させる

特に水回りは雑菌とカビの高級住宅街になりますので、水気は早く乾かすことが原則です。

シーン別対策

次に、様々な問題が起こる可能性があるシーン別の対策です。

洗濯物の生乾き

梅雨時だとなかなか外に干せない洗濯物。湿気が多いからカビが繁殖しやすくもなります。

実は、洗濯物を早く乾かすコツは日光よりも風にあります。

ですから、たとえ部屋干しなのだとしても風さえ当てていれば乾くのが早いです。

具体的には、エアコンの「送風」を利用したり、扇風機やサーキュレーターを洗濯物の下に置いて下から煽るように風を送ると速乾です。

除湿機があると、部屋に飛んだ洗濯物の湿気を吸ってくれるのでなお良いです。

部屋の湿気

たとえ雨でも部屋を締め切っているのは禁物です。

外の方が湿度が低い場合があるからです。

窓を開けるなら、より空気がキレイな朝がオススメ。

部屋に湿気が多いと、布団やカーペットなどの布製品にも湿気がたまり、ダニのオアシスになってしまいます。

布団が外に干せない場合でも、風を当ててあげれば換気になって布団を清潔に保てます。

具体的には、布団を椅子の背もたれにかけてエアコンの風を当ててやります。2時間も当てれば布団がさっぱりします。

また、カーペットはこまめに掃除機をかけることで換気の役割も果たします。

水回りのニオイ

風呂場やキッチンの水気が残っているとニオイの原因になります。

食器の水気はしっかり切って、風呂場も水気をカンタンに拭き取るだけでカビの繁殖を防げます。

収納のカビっぽさ

部屋よりもっと空気が淀みやすいのが収納です。

収納の扉を閉めていた方が見た目は良いですが、清潔さを考えるなら扉は開けて置いた方が良いです。

扇風機で空気を送ってやるとなお良いです。

素人でもできる写真の上手に撮るコツ

Canon

 

インスタグラムが流行ってきてから、写真を撮る機会が増えた方も多いと思います。

 

気軽に取って投稿できるのがいいですよね。

 

しかし、写真の世界はいと奥深き世界です。

 

極めようと思えばどこまでも先があるのが写真の世界で、それを身に着けて生計を立てているプロもいるほどです。

 

つまり、ただ写真を撮るということであっても、そこには多くのコツがあるということです。知っているか知らないかで見え方がぐんと変わる写真について、カメラ初心者でも手軽に実践できるコツをご紹介します。

 

構図を決める

 

いい写真が取れそうという時にすかさずシャッターを切るのも良いですが、良い写真を撮るにはまず「どういう写真を撮りたいか」の構図を決めることが大切です。

 

急いでとった写真だと、そのときは興奮していてもあとで冷静になって見返してみるといまいち、なんてことがありますよね。

 

一番の基本は、画面を三分割することです。画面を立てに三つ、横に三つに分割する線を引いて、その線の交わるところに人は注目しやすいといわれています。

 

ですから、三分割の線を引いた線の交わりに、被写体を持ってくるときれいな写真が取れるようになります。 

 

光源に背を向けて撮影する

 

昼間に写真を撮ると被写体が黒く映ってしまうのは、被写体の後ろに太陽があるからです。

 

人が太陽を直接見ると目がくらんで他のもが見えなくなるように、写真でもそれが起こります。

 

ですから、昼間に写真を撮るときは太陽を背中にしてとるときれいな写真を撮ることができます。

 

暗い場所で写真を撮る場合

 

光が少ない場所で写真を撮るとどんよりした写真になってしまいます。

 

これを明るくするにはカメラの設定を変えます。

 

まずISO。これは光の感度を調節します。

 

通常の室内では400、暗い場所では800から1600がちょうぢど良いです。

 

あまりにSOを高くするとブレがでやすくなります。

 

また、絞りとシャッタースピードを調節することでも明るさを変えられます。

 

絞りは開いたほうが、シャッタースピードは遅くした方が明るい写真を撮ることができます。

 

フラッシュはあまり使つかうと画面が不自然に白くなったり、目が赤めになったりするのでなるべくひかえますが、どうしても必要な場合はフラッシュを紙で覆うと光が分散されて自然な写真が取れるようになります。

 

室内の場合はフラッシュを上に向けると天井に光が跳ね返って自然な明かりになります。

これからの時代に必要なファシリテーションとは 

Discussion Panel

 

テクノロジーがどんどん進化して、将来的に私たちがやっている仕事を人工知能がやるようになるといわれています。

 

その中でも必要になってくるスキルが、「ファシリテーション」です。

 

ファシリテーションとは、人と人が話し合ってわかりあうこと、問題を解決する方法のことを言います。

 

1960年代にアメリカで生まれたもので、会議の場で様々な立場の人が意見を出し合い、お互いを理解し課題を解決する方法として注目されました。

 

この調整役をファシリテーターといいます。調整役の仕事は、発言が一部の人に偏らないよう、また議論が白熱してきて収拾がつかなくなりそうなときに方向性を定めることなどです。

 

実際に多くの企業でこの手法が使われていて、大きな成果を上げています。

 

中でも有名なのが、経営不振の状態からV字回復を果たした日産です。

 

日産はカルロスゴーンが社長に就任してから、ファシリテーションの考え方を取り入れ、話し合いを強化したそうです。

 

その結果、課題が浮き彫りになり、振り体質の改善を羽田氏、業績を急速に伸ばしました。ファシリテーションについて学ぶには多くの書籍が出ていますので是非参考にしてみてください。

相手を説得するときに必要なこと 

Debate

 

友達と雑談するときにはあまり必要ではありませんが、仕事するようになると必要になってくるのが、相手を説得する力です。

 

商品を売るときもそうですし、上司に提案するとき、部下に教えるときのも説得力というものは必要です。

 

説得力のある人というのは、常に望む結果を出してきます。

 

説得力がないと話しても伝わらなかったり、余計な時間がかかったり、最悪、相手に自分のことを過小評価されることにもなってしまいかねません。

 

説得する際に必要なことは細かくいえばたくさんありますが、何よりも必要なことは「相手のことをよく知ること」です。

 

紀元前に書かれた最古の兵法書孫子」にはこう書いてあります。

 

「彼を知り己を知れば百戦危うからず」

 

自分のことをよく知っていて、かつ相手のことをよく知っていれば百回戦っても負けることはないという意味ですね。

 

これは戦争の言葉ではありますが、そのままビジネスにも使われています。

 

相手を説得するためには、相手のことをよく知らなければならないということです。相手がどんな性格なのか、どんな生活をしているのか、そしてどんなことを望むのか。

 

説得にはギブアンドテイクが必要ですから、ただ命令するのとは違って、相手が「OK」を出せるように望みをかなえるというオファーが必要になります。

 

その時に必要なのが、相手を知ることです。

 

相手をよく知り、相手が負担なく動けるようにする。また相手よりも多くのことを知って相手の知らないことを伝えられるようにする。これが説得には必要になってきます。